太陽光発電関連用語集

■太陽光発電システム

太陽光エネルギーで自家発電し、その電力を家庭の電気機器などに利用するシステムです。さらに、電力会社との系統連係システムで、昼間に発電して余った電力を売り、夜間や雨の日など発電量が少ない時は電気を買うなどの電気売買が可能となります。

■オール電化

「オール電化」は、家中のエネルギーをすべて電気でまかなう、ライフスタイルです。クリーンで安心な「IHクッキングヒーター」、エコロジー&エコノミーな給湯システム「エコキュート」の採用で、健康・安全・安心の快適な暮らしが実現します。(但し、暖房を含まず調理・給湯器の組み合わせでもオール電化という場合もあります。)

■PV

Photo Voltaic(フォト ボルテック)・・・「光発電」という意味です。

■IH

インダクション・ヒーティング(Induction Heating)の略称で電磁誘導加熱の事。

■太陽電池モジュール

モジュールとは、太陽電池セルを複数枚直列に構成した製品レベルの最小単位であり、そのモジュールを発電量に見合う枚数セットしたものを太陽電池パネルといいます。

■セル・モジュール・アレイ

セルは太陽電池の機能をもつ最小の単位のことで一般的に約10cm角、12.5cm角、15cm角又は丸のシリコンの薄い板です(結晶系の場合)。モジュールはセルをつなぎ合わせて、使うのに便利な電圧を取り出せるようにパッケージに収めたものです。工事の際に取扱う最小単位です。アレイは、大きな電気を取り出せるようにモジュールを架台に並べた物をいいます。

■パワーコンディショナ

太陽電池で発電した直流の電気を電力会社と同じ交流の電気に変換するインバーターと保護装置とで構成されています。

■系統連系

太陽光発電システムの電気と、電力会社の電気をつなげて両方の電気を使える様にする事 です。

これにより、発電した電気が余った場合は電力会社に売り、足らない場合は買う 事が出来ます。

■自立運転

電力会社が停電した時の非常用電源として使える機能です。最大1500Wまで

使用できる専用コンセントを設置します。

■非常用コンセント

このコンセントは電力会社が停電したとき、最大1500wまで 非常用電源として使用することが出来るので、停電した時や災害時にも 携帯電話の充電や炊飯器を使用したり、 テレビを見ることも出来ます。但し、通常使用時(連系中)は非常用コンセントからは電源を取ることは出来ませんし、夜間や天気の悪い時は電源を取ることができませんのでご注意下さい。

■逆潮流

太陽光発電システムで発電して自家消費されなかった電気が、電力会社に送り出される事です。

一般的には『売電』の事を言います。

■変換効率

太陽電池が受けた太陽光エネルギーを、どれだけの割合で電気エネルギーに変換出来るかを

示したものです。

■買電メーター

電力会社から買う電力量を計量

■売電メーター

電力会社へ売る余剰電力を計量

■系統連系

太陽光発電電力を電力会社からの電力系統と接続し、両方から負荷へ電力を供給します。発電量が自家使用を上回っている時間帯は余った電気を電力会社に売る事ができ、不足するときには電力会社から電気を買うことができます。

■時間帯別電灯契約

昼間の電気料金を割高にする分、夜間料金を割安にする料金制度。時間帯別電灯契約は、その単価を3つに分けて計算する電気料金プランで、昼間は割高になりますが、夜間は割安(1/3)になります。この夜間電力をうまく利用して洗濯機や食器洗い機はタイマーをセットして割安な電力の深夜に稼動するようにするなど賢く利用すればより経済効果を高めることができます。

■ IHクッキングヒーター

電磁調理器とも呼ばれ、内部に存在するコイルの電磁誘導と鎖交磁束を利用して、金属を加熱し調理できる機械。ガスや火を使用せず、電気のみで稼動する。一般的には焜炉型をしている調理器具を言うが、IH炊飯器などの、同じ加熱原理を用いる機器を含めることがある。IHクッキングヒーターと言った場合は焜炉型の調理器を限定して指す場合が多い。

■オールメタルIH

従来のIHでは加熱できなかった多層鍋や銅・アルミ鍋(圧力鍋・両手鍋)なども使用できるIHクッキングヒーターのこと。アルミ・銅鍋は電気抵抗が小さく、発熱しにくいため、共振インバーター(逆変換装置)によって従来より高い周波数(20kHz→60kHz)を発生させる。金属は周波数が上がるほど表面に電流が集中しやすい特性を持っているため、この性質を利用して鍋側の電気の通り道を狭くし、抵抗を増して発熱を可能にしている。

■エコキュート

エコキュート(EcoCute)とはヒートポンプ技術を利用し空気の熱で湯を沸かすことができる電気給湯機のうち、冷媒として、フロンではなく二酸化炭素を使用している機種の総称である。「エコキュート」の名称は、日本の電力会社・給湯機メーカーが使用している愛称で、関西電力の登録商標である。貯湯式で割安な深夜電力を使用するため、燃焼型給湯器に比べ運転費用が抑えられ経済的である。二酸化炭素は地球温暖化係数が1で代替フロンの1300と比べて環境負荷が低い。また不燃性ガスでガス漏れしても安全という利点がある。