シリコン製の太陽光パネルの寿命

いま現在、シリコン製の太陽光発電パネルに関しての寿命はまだ結果は出てないそうです。

一般的に言われているのが20年以上と言われています。

現在、太陽光パネルの歴史は30年以上になりますがいまだに発電してるものもあるそうなんです。

そういったメリットも踏まえて30年はもつと考えられているそうです。

壊れなくても発電量が下がるのでは?

太陽光発電量は、どのメーカーで比較しても少しづつ下がるようですが(本当に少しみたいです)

しかし設置されている方々のお話をお聞きするとそうでもないようです。

30年後たしかに発電量は落ちるかもしれませんが最初の数年ほとんどの変化はないようです。

(メーカーの中には25年の出力保証を付けている所もあります)