太陽光パネルの発電の仕組み

太陽光パネルでどうして発電するの?
多くの方が思う疑問だと思いますので、いろいろ調べてみました

まず太陽光パネル(太陽電池モジュール)に太陽の光を集めます、このときにシリコン半導体に光があたると電気が発生する現象を利用して電気に変換するそうです(直流電力)

ちょっと難しい感じですよね、要点としては単純な反応を利用して発電してると言う事です。
ですからこのセル事態に機械的な故障は、ほとんど考えられないそうです。

電位図

1時間で全世界の年間消費エネルギーに

ここでちょっと余談なんですけどこの地球上に1秒間に降り注ぐ太陽エネルギーって約42兆キロカロリーらしいんです。

もしもこの太陽エネルギーを100%電気に変換できるとしたらなんとたった1時間で全世界の年間消費エネルギーになるそうですよ。

すごいと思いませんか?

太陽光以外にも様々な自然エネルギーがあるけど太陽エネルギーってすごいなってあらためて実感しました。